先日久しぶりに大阪の天王寺に行ってきました。天王寺といえば、あべのハルカスなどで最近ホットな場所。

およそ5年ぶりぐらいに訪れたので、天王寺駅周辺は衝撃的な変わり様でした。
当時は学校に通うため、ほぼ毎日天王寺に行っていて、駅周辺は工事中の場所が多かったのです。それだけに一気に都会的になって、人も増えたなあと感じました。
用事があったため、あべのハルカスの展望台には登らなかったけれど、次行くときはこの日本一高いビルの展望台には行きたいですね。

天王寺での用事を終えた後、大阪駅方面に向けて松屋町筋を歩くことにしました。こういう地方道を歩くと、大阪の新たな一面がかいま見えたりして楽しい。
例えば、天王寺駅から松屋町筋を北上しはじめて気づくのが寺の多さ。松屋町筋の東側に寺が連なるようにあって、古くは大阪城を中心とした城下町であった風情を残しています。

松山町筋をさらに北上していくと、駄菓子、おもちゃ、花火、文具などの昔ながらの商店が軒を連ねる商店街が現れる。

その商店街のなかでひときわ目を引いたのがクリスマスグッズのお店。もうすぐ12月とあって、クリスマスツリーを道路沿いに寄せたトラックにせっせと積み込んでいる人の姿をよく見かけた。こういうお店から各地にクリスマスツリーが届られていくんだなあ、と感じました。

電車や車だと見過ごしてしまう街並みを見れてなかなか面白かったです。
新しく出来たスポットだけでなく、他にもあまり知られていない街並みを歩きながらまたじっくり見てみたいと思う一日でした。若干歩き疲れました。