学生時代、そして就職してから、それから女性なら育児などを機会にいったん退職して主婦に・・・など、人生模様って、色々ですよね。
そんな中、今、主婦の立場の私は気が利かない上、人付き合いが苦手なので、子供の小学校PTAとかボランティアとか、あまり得意ではないと自覚しています。
でも、どうしても、PTA役員は子供一人につき一役、と決まりがあって、その役員に手を挙げると、流れ的にボランティアに加わったりしてしまうのです。
表面的には、割と明るく振舞っている方だと思うのだけど、いざ、色々な行事が終わると帰宅後どっと疲れが出て、あれやこれや、反省会が始まります。
「あの会話のあの時、あんな感じに返せば良かった。」とか、「あの時、もっと周りに気を配ってこう動けばよかった。」とか、
後から考えても変わらないのに、ついウジウジしてしまいます。
そしてそんな私・・・今日は、ボランティアで小学校の地区ごとの集団下校に付き添い参加する、という日でした。
するとやっぱり、他のお母さまが、素敵すぎてまぶしい!
ちょっとしたスキマ時間もてきぱきと明るく話題を振っていい感じに埋めてくれ、ボランティア仕事もサっと気持ちを切り替え、全体を見通し動いたり、
大勢の人前でしっかりと大きな声で話をして・・・まぶしい、まぶしすぎる!

中には、英会話が得意で子供向けの教室を開いている方や、過去に本部役員の経験者の方、お子さん数人目でベテランの方、色々おられます。
得意分野は色々違うと思うのですが、なんかうまいこと、そのパワーを発揮して活躍されている様子に、拍手したいです。
過去、それなりに社会人していた(?)はずの私なのですが、こういう場ではすっかり尻込みして、
にこにこと後ろについて行くことはできるけれども、先頭を切ったり、仕切ったり、臨機応変に対応したり・・って、できません。
かっこいいお母さま方に羨望の眼差しを送りつつ、次の時は、少しでも良いところを取り入れてみよう、と密かに心の中でメモる私なのでした。